遺品整理や家族葬、人生の最後に行う手続きについて

お墓と業者

今後の動向についての予測

現在では高齢化や核家族化が進み、霊園などにおいても何年もお墓掃除や手入れがされていないお墓が急増しています。 日本では古くから身内が亡くなったあとはお墓に納骨し、家族でお墓を守っていく風習がありましたが、現在ではお墓を守る家族もいなくなるため、墓じまいをする人も増えています。 お墓は基本的に墓地や墓石を購入し、所有者が責任を持ってお墓掃除や管理をしていかなければならないため、高齢になったり遠くに住んでいると手入れが大変になります。最近ではお墓掃除の代行をしてくれる会社などもありますが、納骨堂などに遺骨を移す人も増えています。 現在では交通の便が良い場所に建てられている納骨堂なども多いので、今後はお墓を建てるよりも納骨堂などを利用する人が増えることが予測されます。

遺骨の移転に際して注意すること

お墓のある場所が遠くてお墓掃除やお参りに行くのが大変な場合は、近くの霊園や納骨堂に遺骨を移すことが可能ですが、勝手に遺骨を移すことはできません。 遺骨を移すことを改葬と言いますが、改葬する場合はお墓が建てられている地域の役所や新しく納骨する場所などに手続きが必要になります。 各種の手続きをして役所から改葬許可証が出たら遺骨を移すことが可能になります。 お墓を処分して納骨堂などに移す場合は、専用の業者などに依頼するとお墓を処分して遺骨を新しい納骨場所まで持ってきてもらうことも可能ですし、お墓ごと新しい墓地にうつす場合もお墓ごと配送してくれる業者もあります。 改葬で遺骨を取り出した時や新しい場所に納骨する場合は「魂抜き」や「魂入れ」などの儀式を行ってもらうのが一般的です。