専門家と手続き | 遺品整理や家族葬、人生の最後に行う手続きについて

遺品整理や家族葬、人生の最後に行う手続きについて

専門家と手続き

成年後見手続きの相談は

成年後見制度は、認知症や知的・精神障害者の人にとって財産や権利を守るための非常に重要な制度です。そのため、成年後見制度の手続きは、家庭裁判所への申し立てから始まる法的な手続きが必要です。 申し立てには複数の書類を準備しなければならず、家庭裁判所調査官による調査も受けなければなりません。煩雑で複雑な成年後見の手続きには専門家のサポートがあったほうがよいでしょう。 司法書士は成年後見手続きに関する相談を受けてくれます。成年後見手続きの費用は一般的に、収入印紙代、切手代、鑑定費用等を併せて6、7万円程度とされています。ケースごとに違いがありますので、その点も注意が必要です。司法書士への相談は無料というところが多いので、活用することをおすすめします。

成年後見手続きをするときに知っておきたいこと

成年後見制度には2つあり、法定後見制度と任意後見制度があります。法定後見は、判断能力がすでに十分でない人に家庭裁判所が後見人を選び、その後支援を始めます。 任意後見制度は、判断能力があるうちに自分で後見人を選んでおき、判断能力が不十分になった時に家庭裁判所が監督人を選び、支援を開始します。成年後見の手続きを司法書士に相談あるいは依頼や手続きする場合の費用ですが、基本報酬というものがあり、成年後見人が後見事務手続きを行った場合の相場は月額2万円ですが、管理財産額が高額な場合は3万から6万前後となります。 成年後見監督人が行った場合の相場は、1万から2万となります。また付加報酬というものがあり、後見事務手続きで監督保護等に困難があった場合などには基本報酬の5割の範囲で上乗せします。